日本における技術革新

最適なテック企業

HTECグループは、研究開発センターとして定評がある急成長中のテック企業です。弊社が開発を進めているプロジェクトは、IoT、仮想現実(VR)、データマイニングと機械学習、スマートエネルギー管理、遠隔医療、クロスプラットフォームの様々なポータルサイト、Web、モバイルの分野にまで及びます。

弊社のクライアントは、Intel、Qualcomm、IBM、Stena Bulk、SAPなどです。あらゆる課題へアプローチする際に中核となるのは起業家精神であり「まずトラブルを解決し、それからコードを書く」という原則に基づいて行動しています。企業文化としては、真剣に仕事に取り組むのは当然ですが、快適な職場環境であるのが特徴です。

新規プロジェクト開発に取り組むなか、全員に潜在能力を発揮し自らを磨くチャンスが与えられる環境です。創業は2008年9月で、開発センターは東京にあります。

MzU3OTUyMw
htec-logo

弊社のプロジェクト

極めて野心的な会社であると自負しており、そのため事業開発のチャンスを多数検討し、その中から最大規模の案件を選んで実行に移しております。ただし、可能性は様々でありますが、弊社製品の中心となっているのは自社で構築したプラットフォームであり、会社と同じくHTECという名称です。

HTECは同時に、弊社の主力製品の名称でもあり、こちらは証券会社の管理業務を担う収益性の高いB2B SaaSアプリケーションです。このアプリケーションを利用することで、証券会社は自らのクライアントやその動きに関して必要となるさまざまな統計データや情報をいつでも把握できます。

弊社の誇るエキスパート

摸工 隆、ITサービスマネジメント(ITSM)の分野で豊富な経験を持つビジネス & テクニカルコンサルタントで、現在はITSMのチームリーダーを務めています。ITSMチームでは、さまざまなベンダーのプラットフォームや製品(IBM、BMC、Broadcom – 元CA)を利用・サポートし、ITILのベストプラクティスに基づいたITSMソリューションの実装を成功させる役割を担っています。

computer user

佐々木 雄吾は、ソフトウェア工学・ビッグデータ・アナリティクス・プロジェクト管理の分野で15年の経験を持つITエキスパートです。HTECグループの事業開発ディレクターとして、革新的なアナリティクス製品とサービスの開発による新規機会の創出及び、会社のポートフォリオを管理・拡大する役割を担っています 

user